岡山 桜開花  後楽園
 

岡山地方気象台は26日、岡山市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年(29日)より3日、昨年(28日)より2日早い。
 26日午前10時15分ごろ、後楽園にある標本木で、開花の基準となる5輪が咲いているのを気象台職員が確認した。
 例年なら1週間ほどで満開となるが、気象台は「29日以降、最高気温が20度を超えるとみられ、今年は満開宣言が早まる可能性もある」としている。

//////
参考

岡山で桜開花 気象台発表、平年より3日早く

//////
さあ行こう 岡山さくらカーニバル  桜 花見


2016岡山さくらカーニバル(岡山県、岡山市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社でつくる実行委主催)が26日、岡山市・後楽園東側の旭川河川敷で開幕した。4月6日までの会期中、夜桜のライトアップや約50の屋台が岡山の春を盛り上げる。
 会場となった蓬莱橋ー相生橋間(約1・3キロ)と周辺に植えられた約250本のソメイヨシノはつぼみを大きく膨らませ、所々で咲き始めた。早朝は冷え込んだものの、その後の穏やかな陽気に誘われ、午前中から親子連れらが繰り出し、弁当を広げる姿が見られた。
 職場の仲間10人で訪れた公務員女性(23)=岡山市=は「花見には少し早いが、今日はバーベキューを楽しみたい。満開が待ち遠しい」と話した。
 カーニバルは初日から、屋台のほか、子ども向けの遊び場「プレイランド」の営業が始まった。夕暮れからはちょうちん約500個、ぼんぼり約150基、投光器80基がともされ、午後9時まで桜並木を幻想的に照らし出す。週末の26、27日、4月2、3日は天然温泉を使った掛け流しの足湯も用意する。
 問い合わせは現地本部(086 273 1213)。

//////
岡山城で「春の和のおもてなし」

岡山城天守閣前広場(岡山市北区丸の内)で26日、「烏城春の和のおもてなし」(市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委員会主催)と銘打ったイベントが開幕した。青空の下、観光客が和楽器の演奏を聞いたり、甲冑(かっちゅう)の着付けを体験したりして楽しんだ。4月2日まで。
 岡山県などによる大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」(4-6月)に合わせ企画。市内の邦楽グループが琴や尺八で「さくらさくら」「荒城の月」などを披露した。よろい、かぶと、陣羽織などを着られるコーナーでは、家族連れらが武将になりきってポーズ。滋賀県栗東市の小学6年女児(12)は「昔の人になった気分がした」と話していた。
 県産の茶とまんじゅうを販売する茶屋も期間中、開設している。甲冑体験は4月1日まで。
 この日は後楽園でも同様のイベント(県など主催)が始まった。

//////