岡山 高梁 総社 方谷、雪舟ゆかりの地を巡ろう

高梁、総社市は18日、高梁市が所有するレトロなボンネットバスを活用し、幕末の備中松山藩で財政改革を担った山田方谷と、総社市出身で室町時代の画僧雪舟ゆかりの地を巡るツアーを実施する。
 同日午前9時45分にJR備中高梁駅を出発し、備中松山城に登城。特別公開される国指定重要文化財・二重櫓(やぐら)の内部を見学する。その後、総社市に移動し、古民家カフェで旬の野菜をたっぷり使ったランチを味わう。午後からは幼い雪舟が修行した宝福寺を訪ね、庭園などを散策。明治期に建てられた「まちかど郷土館」(旧総社警察署)も訪れる。土産には赤米で作った白酒、松山城グッズなどを贈る。
 両市が結んでいる産業・観光分野の連携協定に基づく事業で4回目。15人を募る。料金は1人1万円。申し込みは備北バス(0866 48 9111)。